化粧水の前後はどんなケアをすればよいのでしょうか?

化粧水はスキンケアの最初に使うスキンケアアイテムといわれています。いわばスキンケアの環境を整えるためのアイテムでもあるわけですが、それだけに前後のケアをしっかり踏まえて使っていかないと化粧水の効果が得られないだけでなく、スキンケア全般がうまくいかなくなってしまう恐れがあります。

洗顔後できるだけ早く化粧水を塗付することが大切

化粧水の前後のケア

基本的には洗顔の後に使用します。洗顔は汚れを落とすのが目的ですが、実際には汚れだけでなく保湿やバリア機能の維持に必要な皮脂やセラミドまで除去してしまっているため、どうしても肌が敏感な状態になっています。そのまま放置しておくとどんどん水分が蒸発して失われてしまいますし、無防備な状態にいきなり美容液を使うと肌に刺激を与えてしまいかねません。そこで化粧水を使って整えるわけです。

 

ですからできるだけ洗顔から間を空けずに使用しましょう。基本は5分以内、無防備な肌を外気に晒す時間ができるだけ短いよう心がけ化粧水を手元に置いた状態で洗顔するよう心がけます。しっかり保湿ケアをしているのにどうしても肌が乾いてしまう…そんな悩みを抱えている方はこの洗顔から化粧水までの間に水分を失ってしまっている可能性があります。

化粧水の前に導入美容液を使用すると浸透性が高くなる

化粧水の前後のケア

なお、現在では化粧水の前に使用する導入(ブースター)美容液という製品も登場しています。このアイテムを使用した後に化粧水を使用することで美容液の有効成分が浸透しやすくなるのです。この導入美容液は日々のスキンケアになくてはならないアイテムというわけでは必ずしもありませんが、なかなかスキンケアの効果が得られないと悩んでいる方は検討してみるとよいかもしれません。

 

化粧水の後は基本的に美容液ということになります。ですから化粧水で整えた肌に合う美容液を使うことが大事です。化粧水のケアをしっかり行っているのに肌がピリピリする、刺激を感じる美容液は肌に合っていないので避けたほうがよいでしょう。逆に美容液が合わないと感じている方は化粧水選びや使い方を改めることで違和感が解消されることもあります。この辺りの化粧水と美容液の相性、バランスも意識してスキンケア環境を整えていくことも大事です。

 

美容液の後は乳液ですが、外出する予定がない日や肌荒れで美容液は使用いないほうがよい場合などは化粧水の次に乳液を使用することもあります。その場合にはベタつきを避けつつ、塗付する際には指で強く擦らないよう心がけつつしっかり馴染ませながら使っていきましょう。

 

こうした化粧水前後のケアの基本を踏まえておくだけでスキンケア環境が改善されるほか、より自分にあったアイテムを見つけやすくなるはずです。

お試しから始められる!資生堂の化粧水

プリオール マスクイン化粧水

資生堂化粧水プリオール

毎日手軽にスペシャルケア!1本2役で馴染ませるだけでマスク後の潤いとツヤ
お試しセット1,080円・税込(化粧水15日分)
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

資生堂化粧水エリクシールシュペリエル

たるんだ頬にハリとつやを!肌質が変わってきたなと感じ始めたら使いたい薬用化粧水
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール ホワイト クリアローションC

資生堂化粧水エリクシールホワイト

どんより顔をパッと明るく!美白しながらハリと潤いもある若々しい印象に
7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>