高級化粧水とプチプラ化粧水では何が違うのでしょうか?

化粧品はピンからキリまで、製品ごとに驚くほど価格に違いがみられることもあります。同じ化粧水と名づけられて発売されているのにどうしてこんなに違うのか?よい化粧水を見つけていくためにはこの価格の仕組みも知っておきたいところです。

高級化粧水とプチプラ化粧水の違いは主に開発コスト

高級化粧水とプチプラ化粧水の違い

簡単に言ってしまえば製造・開発にコストがかかった製品ほど価格が高くなり、かからない製品ほど安くなります。ひとつの化粧品を開発して製品化するまでには時間や開発・研究にかかるコストがかかりますから、それを回収するために価格に上乗せされるわけです。

 

問題なのはこの「コストを回収するために価格が高くなる」点です。高級化粧水には優れた効果が備わっていると一般的に思われている理由には最新の研究・技術に基づいた成分・処方が採用されている点が大きく、これまでにない効果を求めて高い製品を多くの人が購入しているわけです。しかしお金と時間をかけて作られたからといって必ずしもすべての人に適しているとは限らないのが化粧品の難しいところです。

 

どうしても肌との相性が出てきますから、高価であっても合わないというケースも出てきますし、過剰なケアになってしまう難しさもあります。高級化粧水はさまざまな効果をもたらすために多くの種類の有効成分を配合していることが多いですし、複数の成分をブレンドして作られた複合成分もよく使用されています。

内容がシンプルで肌への負担が少ないプチプラ化粧水もおすすめ

高級化粧水とプチプラ化粧水の違い

しかし化粧品はたくさんの種類の成分が配合されているほど刺激が強くなるのが一般的なため、乾燥肌・敏感肌の方が高級化粧水を使用するとかえって負担をかけてしまう恐れもあるのです。

 

もともと化粧水は洗顔後の肌を整えることがおもな目的ですから、それほどいろいろな成分を配合する必要は必ずしもなく、保湿成分やエイジングケア成分は肌を整えた後に美容液やクリームで補えばよい面もあります。ですから内容がシンプルで肌への負担が少ないプチプラ化粧水でも十分なことも多いのです。

 

もうひとつ注意したいのが製品の効果・品質とは関係ないところでかかっているコストです。

 

具体的にはテレビCMなどの宣伝費、イメージキャラクターに採用したタレントやモデルへのギャラなど。有名人を採用してあちこちのメディアで見かける製品がどれだけ宣伝にお金をかけているか、容易に想像が付くでしょう。こうした面もあるだけに、価格が高いからといって必ずしも内容も優れているとはいえず、価格にこだわらず自分に合っているかどうかで選んでいくことが大事なのです。

お試しから始められる!資生堂の化粧水

プリオール マスクイン化粧水

資生堂化粧水プリオール

毎日手軽にスペシャルケア!1本2役で馴染ませるだけでマスク後の潤いとツヤ
お試しセット1,080円・税込(化粧水15日分)
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

資生堂化粧水エリクシールシュペリエル

たるんだ頬にハリとつやを!肌質が変わってきたなと感じ始めたら使いたい薬用化粧水
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール ホワイト クリアローションC

資生堂化粧水エリクシールホワイト

どんより顔をパッと明るく!美白しながらハリと潤いもある若々しい印象に
7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>