ベタつく化粧水とベタつかない化粧水の違いは何?

化粧水は水分が配合量が圧倒的に多く全体の8〜9割を占めています。そのため基本的には水のようなさっぱりとした使い心地なのですが、近年になってしっとりとしたタイプやとろみがあるタイプがさまざまなメーカーから発売されるようになっています。しかもこうしたタイプが人気を集めていることもあって利用される機会も増えているようです。

化粧水のとろみ違いは主にグリセリンの配合量

ベタつく化粧水とベタつかない化粧水の違い

そんなとろみやしっとり感を備えた化粧水のデメリットとして上げられることが多いのがベタつきです。しっとり感の裏返しのようなものですが、せっかく効果は優れているのにこれが不快で使えないというケースも少なくありません。最近人気のとろみのある化粧水を選ぶ際にはベタつかないかどうかに注意しながら選ぶ必要もあるでしょう。そのためにもどうして化粧水がベタつくのか?その理由も知っておきたいところです。

 

理由はいくつかあるのですが、おもに配合されている成分に問題があります。とろみがある化粧水は保湿力に優れているといわれますが、とくにグリセリンの配合量が多いと粘性が出てとろみが増します。グリセリンは多くの化粧品に含まれており、水に馴染みやすいうえに保湿力に優れ、しかも肌への負担が少ないことから化粧水の成分として非常に優れた面を備えているのです。ただそれが過剰気味になるとベタつきの問題が出てきます。

分子量が多いコラーゲン・ヒアルロン酸を配合することでべたつくことも・・

ベタつく化粧水とベタつかない化粧水の違い

もうひとつ重要なポイントとなるのが配合されている成分が肌にしっかり馴染んでいるかどうか。じつはせっかく配合された成分が角質層にしっかりと浸透せずに表皮に残ってしまうとベタつきの原因となってしまいます。たとえばヒアルロン酸やコラーゲンはよく分子量が大きく浸透しにくいといわれますが、肌に浸透せずに表皮にはじかれてしまうと表面の残ってべたつきの原因となってしまうのです。

 

これは化粧水全体の効果ともかかわってくる問題ですので非常に重要なポイントです。また最近では表皮の潤いを維持するために意図的に分子量が多いコラーゲン・ヒアルロン酸を配合する製品も増えていますが、こうした製品も肌の状態によってはベタつきを感じてしまうこともあります。

 

この成分が浸透して馴染むかどうかには個人差があるため、同じ成分でもベタつきを感じる場合と、「しっとりして心地よい」と高評価につながる場合があります。ですから一概ベタつき化粧水とベタつかない化粧水の違いを分けるわけにはいかず、これまで挙げてきた傾向を踏まえた上であくまでひとりひとりが自分の肌で判断することも大事なのです。

 

要は保湿成分がどれだけ含まれているのか、それが自分の肌にとってベタつきの原因にならないかどうかを確認することが必要なのでしょう。

お試しから始められる!資生堂の化粧水

プリオール マスクイン化粧水

資生堂化粧水プリオール

毎日手軽にスペシャルケア!1本2役で馴染ませるだけでマスク後の潤いとツヤ
お試しセット1,080円・税込(化粧水15日分)
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

資生堂化粧水エリクシールシュペリエル

たるんだ頬にハリとつやを!肌質が変わってきたなと感じ始めたら使いたい薬用化粧水
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール ホワイト クリアローションC

資生堂化粧水エリクシールホワイト

どんより顔をパッと明るく!美白しながらハリと潤いもある若々しい印象に
7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>