化粧水はとろみがある方がよい?タイプ別の特徴とは?

市販の化粧水の中にはとろみがあるものがよく見られます。「濃密な感触」「伸びがしっとりと肌に馴染む」といった宣伝文句がつけられていることが多く、とくに有名ブランドや高価な製品に見受けられます。

必ずしもとろみがある化粧水のほうが保湿力に優れているとは限らない

化粧水のとろみ

一方とろみがなく文字通り水のような感触をしているタイプもあります。こちらはプチプラ化粧水に代表される安価に製品に多く、さっぱりとした使い心地が大きな特徴です。ではこのとろみがあるものと、さっぱりした水のような感触のものはどちらがよいのでしょうか?

 

とろみがある化粧水のほとんどは保湿力をセールスポイントにしています。グリセリンをはじめとした保湿成分が多く配合されているととろみが生まれるからです。そのため乾燥肌に悩まされている人にはピッタリ…といいたいところなのですが、必ずしもとろみがあるほうがさっぱりしたタイプよりも保湿力に優れているとは限りません

 

さっぱりした水のようなタイプはパシャパシャと肌につけることで水分をたっぷりと補うことができます。安価な製品が多いので「質より量」で何度も重ねづけすることで角質層の隅々にまで浸透させていくことができるのです。とにかく水分を補給したい、という方にはさっぱりしたタイプのほうが向いている面もあるのです。

とろみのある化粧水は保湿の保持力に優れている

化粧水のとろみ

ただとろみがあるタイプは保湿成分が多い分水分を補うだけでなく蒸発しないで長く保つ効果に優れています。一度塗付するだけでしっかりと馴染んでくれるので時間がかからない点もメリットでしょう。皮脂が減少して保湿してもすぐに乾燥してしまう悩みを抱えている方にはこちらの方が適しているでしょう。こうした「水分を補ってもすぐに蒸発してしまう」問題はクリームや乳液でもカバーできるのでその点も踏まえた上で選んでいくことも必要です。

 

とろみがあるタイプは重ねづけする必要がなく肌にしっかり塗付できるので手間がかからないメリットがありますが、その一方でしっかり塗布するため指で擦ったときの摩擦の刺激が大きなネックになります。この点はよく注意したうえで使用していく必要があります。

 

あとはさっぱりとした使い心地がよいのか、しっとりとしたほうがよいのか、好みでも判断が分かれそうです。この辺りはベタつきともかかわってくるだけに重要な部分となるでしょう。

 

このようにとろみがある化粧水とさっぱりしたタイプではよしあしというよりも特徴に違いが見られます。それぞれのメリット、デメリットを踏まえたうえで自分に合ったほうを選んでみてはいかがでしょうか。

お試しから始められる!資生堂の化粧水

プリオール マスクイン化粧水

資生堂化粧水プリオール

毎日手軽にスペシャルケア!1本2役で馴染ませるだけでマスク後の潤いとツヤ
お試しセット1,080円・税込(化粧水15日分)
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

資生堂化粧水エリクシールシュペリエル

たるんだ頬にハリとつやを!肌質が変わってきたなと感じ始めたら使いたい薬用化粧水
7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
エリクシール ホワイト クリアローションC

資生堂化粧水エリクシールホワイト

どんより顔をパッと明るく!美白しながらハリと潤いもある若々しい印象に
7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>